So-net無料ブログ作成
まほろ駅前番外地 ブログトップ

まほろ駅前番外地 第10話 [まほろ駅前番外地]

【まほろ駅前番外地】



今回の第10話は、前回の9話の続きになります。

初めて2回での完結の話になっていますが、結構心打たれる場面が多かったですね。



行天春彦(松田龍平)はしきりに、かくまっている新村清海(刈谷友衣子)に、

清海がテレビインタビューを受けた際のコメントである、

『さみしいよー、さみしいよー』と言っていた事を話します。



はじめは、清海の事を茶化しているのかと思っていましたが、

実は、これって全く違った意味があったんですよ。

実は、清海が逃亡している芦原園子(山本舞香)へのメッセージだったんですね。

前話を思い返してみましょう!



犯行の合った日、中学時代の親友・清海は、園子に呼び出されています。

そして、園子は清海の財布を盗んでいなくなっていまいます。

現金は、5千円程しか入っていなかったのですが、キャッシュカードが入れてありました。

実は、そのキャッシュカードの暗証番号をメッセージにしていたんです。



『さみしいよー、さみしいよー』と言っていたのは、その暗証番号、3341だったんです。

清海の貯金通帳には30万円ほどの預金がしてありました。

そのお金を引き下ろして、逃げ伸びて欲しいとの願いが込められていたんです。



久しぶりに行天の鋭い観察が観れましたね。

いきなりでしたが、今回の見処のひとつでありました。



多田啓介(瑛太)は、星良一(高良健吾)に依頼されたもう一つの仕事を、

行天と清海には内緒で進めて行きます。

園子を警察や組織よりも早く見つけ出すという依頼です。



今回久しぶりに登場するのが、吉村刑事(三浦誠己)です。

多田は、吉村の弱みを使って、今回の事件の犯行現場である園子の部屋を見せてもらいます。

そこで新たな発見をしたものがあったんですね。

勝手にそのものを持ちかえって来ます。



そして、多田は星の事務所に行って、今回の依頼を改めて断ります。

まぁ、ここで普通は、内情を知っている多田を依頼から降ろさせるなんて事はないと思うんですが、

星には、狙いがあったんですよ。

清海をかくまうという依頼だけは継続させます。



多田は、園子の部屋に有ったプリクラ写真の貼りつめられたグッズを渡します。

そのプリクラ写真を見て清海は、ポツポツと話し始めます。

自分は見て見ぬふりをしていた、園子への申し訳ないと言う気持ちはき出します。



清海は、分かっていたんです。園子が隠れている所を。

3人が向かうのは、廃校になった清海と園子が通っていた中学です。

清海は、園子に会う事が出来ました。

そして現れたのが、まほろギャングの星です。

切れ者星は、はじめから清海が園子の居場所を分かっていると思っていたんです。

それを多田を使って園子を見つけようとしていました。

これで星の目的は達成です。

星役の高良健吾ですが、オールバックにして目つきの鋭くする役も、さまになっていました。 いいひと役とは、180度違うんですが、上手いですね^^



そしてエンディングの場面が、もう一つの見処になってます。

清海と園子を警察署の傍まで送った多田と行天は、2人を見送りながらの行動がおもしろかっらです。

たばこを吸おうとする多田に、1本もらう行天なんですが、実は1本しかありません。

あっさりと、最後の1本を渡してしまう多田なんですが、

行天は、火を付けて1度吸い込むと、多田にその煙草を渡します。

2人は、交互に1本の煙草を吸うんですが、なんとも自然に行っている所が良かったです。

なにかと行天は、女の子と2人になると、ゲイだから心配いらない。

多田が好きだから、なんて事を行っている場面がよくありますが、

今回の場面を見ていると、まんざらその言葉は嘘でもないのかなぁ、って感じてしまいました^^



見処満載って感じの9話と10話でした!









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まほろ駅前番外地 第9話 [まほろ駅前番外地]

【まほろ駅前番外地】



今回の第9話は、まほろ市で起こった殺人事件。

女子高生が、父親を殺してしまったという場面からのスタートになります。



その場面と便利屋とがどうつながっていくのかな?

って思われたオープニングでしたね。



居なくなった女子高生・芦原園子(山本舞香)の中学時代の親友・新村清海(刈谷友衣子)は、

テレビのインタビューを受けた事で、ちょっとした有名人になってしまう。

まほろギャングと呼ばれる星(高良健吾)に連れられ多田便利軒に来るのです。

この場面でも、多田啓介(瑛太)は、清海を当分置いておいてくれっていう仕事を

一旦は断るのですが、お金を出されると受けてしまうんですね^^

公共料金も払えない状態なんですから、断れる理由はないんですね。



実は、星からはもう1つの仕事を依頼されるんですね。

誰にも知らせずに多田一人でやらなければいけない仕事なんです。

それは、居なくなった園子を警察よりも先に探し出す事なんです。

当然、ここでも、探偵でもない多田は、断るんですね。

怪しい匂いがあるので最もなんですが。

しかし、着手金と成功報酬額を目の前に積まれると断りきれなくなるんですね。

そして、今回も依頼を受ける事になります。

分かり易い性格の多田なんです!



最初は、行天春彦(松田龍平)を警戒する清海なんですが、

行天が女子高生としての清海に興味がない事がわかると、だんだんと打ち解けて行くんですね。

行天は、清海にゲイだから心配ない。好きなのは多田だからって告げるんですね。

何気ない表情で話す行天なんですが、このことって多分事実だと思いますね^^



今回は、見処って言う程のところはなかったんですが、

ちょっと新しい発見がありましたね。

多田と行天の出逢いなんですよね。

行天は、ホームレスをしていた時の煙草を買うのに10円足りない。

そこでティッシュ配りをしてた多田は、10円をあげるんですね。

そして、行くところがなかったら、来るように勧めたのがキッカケで、

多田便利軒に居付くようになったんですね。

もうすぐ、ドラマも終わっちゃうんじゃないかと言う時に、初めて知った出来事です。



そして、今回は初めての事が起こるんですね。

もう終盤に差し掛かっているのに、一向に完結しそうにないですよ。

って思っていたら、はじめての次回への続きになってしまいました。

一話完結型で、強引に終わらせていたりもした回もありましたが、 今回は、正真正銘の次回への持ち越しです。

そうすると、ますます次回が楽しみになってしまいます^^






まほろ駅前番外地 第8話 [まほろ駅前番外地]

【まほろ駅前番外地】



第8話は、多田啓介(瑛太)の行天春彦(松田龍平)への怒りからスタートですね。

多田は、いつも 行天に怒っているシーンが多いんですが、今回もそんな場面からです。



そして早々にお客様が訪ねて来ます。

宮本由香里(黒木華)は、元彼の婚約相手の竹内さよ(高部あい)が部屋の掃除を

業者に依頼した事を知り、さよから指輪を取り返して欲しいと依頼してくる。

それは、ドロボーと一緒のため、多田は断りますが、おもしろい経緯があります。

指輪は、本来元彼が由香里にあげるはずだったんですが、お金は由香里が出していたんです。 由香里は、自分で買ったも同然なので取り返したいと主張しています。



経緯からすると、結構正当な主張だと思っちゃいましたね。

直接、元彼に言えばいいんじゃないと思いましたが。

要は、さよに嫉妬しているてことなんですよね。



オモシロいのは、翌日さよの部屋に訪問する場面です。

多田と行天がさよの部屋に訪れますが、画面をようく見ていると、

なにやら後ろの方から何気に人が動いているのが画面に映っています。

ドアを開けたさよに挨拶する2人ですが、なにげにもう1人が後ろで挨拶をしています。

そう、作業着姿の由香里が現れるんですね。 その忍び足みたいに、スルスルって現れる場面がオモシロかったですね^^



多田は、当然指輪を取り返そうとする由香里の行動を阻止していきますが、

行天は、由香里の味方をしてあげるんですね。

行天には、困っている人を助けてあげたいという、優しさがあるんですが、

今回の話を見ていると、基準は、オモシロそうって事のようです。

そして、機転が効くんですね。



今回も、そのまま指輪を持ちかえってしまったら、自分たちが疑われてしまう。

疑われないように、ストーリーを考え実行に移します。

何をしたかと言えば、帰り際にトイレを借りて、なぜか便器に手が挟まってしまう演技をします。

そして、さよにはなにげに指輪をはずさせて、家の中のどこかに置きわすれているように仕向けます。

と言っても、普通の方なら置いた場所を忘れませんがね。



この行天の演技で、由香里は指輪を取り戻します。

飲み込んでしまいましたが。

でも、由香里はさよに指輪を返すんですね。

帰し方については、ここでは表現できない方法ですので、差し控えますm(_ _)m



最後に由香里が言った言葉が、印象的でした。

『指輪は帰ってきても、彼氏は帰ってこない。』

嫉妬で始まった指輪奪還作戦ですが、こんな事ははじめから分かっている事なのに、

目的を達成して、はじめて現実が分かるというか?認める?

人間って往生際が悪いんだなぁとつくづく思いましたね。

なにか都合が悪い事は、誰かのせいにしてしまいますが、実は全ての原因は自分にあります。

現実を認めるから、明日への勇気がわいてくるんですね。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まほろ駅前番外地 第7話 [まほろ駅前番外地]

【まほろ駅前番外地】



第7話は、多田便利軒の事務所でのシーンが大半になっています。

これには、裏話があって製作の日程上の関係もあったようですね。

後半に行けばいくほど、時間に余裕が無くなってしまう、なので室内での話しが、

天候に左右される事もないってこともあるようです。



今回のお話は、いつも多田啓介(瑛太)がツケでお願いしている弁当屋の山田(大森南朋)が、

仕事の依頼をしてきます。

その内容がやっかいなもので、あるものを処分して欲しいということなんですね。

日本では、所持をしてはいけないものです。



この場面が今回の見どころですかね。

断る多田に山田は、弁当1週間分タダにするって言いますが、反応はしない。

次に、1ヶ月分タダにするって言いますが、これにも反応はしない。

それに加えて、味噌汁を付けると行った時の多田の反応がおもしろかったです。

仕事が少ないために、食っていくのも大変なの状態なので、お金と食べ物には、

良い悪いは別にして、反応してします心理が楽しいです。



この後現れる、知り合いのシンちゃん(松尾スズキ)が、その処分をして欲しいと預かったものを

譲って欲しいと現れます。

預かった事自体を、知らないふりをする多田に、警察に通報すると言ったところで全てがバレてしまいますが、

行天春彦(松田龍平)が無言でシンちゃんに向けて構えた時には、さすがに驚くんですね。

ロシアンルーレットでシンちゃんが、足を打ってしまうのは、オモシロ場面でした。



冒頭でも書きましたが、今回は室内での場面に終始していましたので、

ちょっと、話が強引に30分で終わらせる内容にだったなと感じました。

想いろい場面は、ご紹介した通りなんですが、全体ではちょっと、期待外れの印象でした。



次回は、ちょっと変わった展開での内容を期待したいです^^






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まほろ駅前番外地 第6話 [まほろ駅前番外地]

【まほろ駅前番外地】



こんにちは。

この第6話は、今までとはちょっと違った構成のドラマになってますね。

1話完結型ですので、最後になんだかんだといってもハッピーエンドかな?

みたいな終わり方ですが、今回は、依頼者のその後の話も描かれている作品です。



月日がたつ中で、今回の依頼者美咲(臼田あさ美)とヒロくん(加藤賢崇)に出会う、

多田啓介(瑛太)と行天春彦(松田龍平)の2人ですが、美咲の変化を見ていると、

ふと1つの疑問が芽生えてきます。

純粋だと思われていた美咲の気持ちって言うのは、実は嘘ではないかと言う事です。



直接聞いてみればいいじゃん、って言って多田のスマホから美咲に連絡する行天。

この単純な行天の行動もオモシロいですね。

普通は、まずそんな行動には出ませんからね!ここはドラマ展開なんでしょうが。

そして美咲を呼び出して、真相を聞き出します。





今回は、この場面が見どころなんですね。

実は、美咲は、21歳の7年前に子供を出産していて、

現在は、実家に預けている。

お金をつかんで、子供と一緒に暮らすのが夢である美咲。

そのために、多田に依頼して会わせてもらったのが真相である事を告げる。



ヒロくんが40年も仕事をしていなく、親からおこずかいをもらっている身であるのに、

美咲は、生きるために、子供と暮らすために必死に働いてきた。

金持ちのボンボンのヒロくんからむしり取れるだけお金をむしり取ってやると、

言い放つ美咲に唖然とする多田と行天ですが、

行天はその考え方に賛同し、正しいと言う。

それに対して多田は、間違っているとは言えないけど、違和感を覚える。



人間が、生きて行くって事がいかに大変であるのか?

それを美咲という女性を通して語りかけている、今回の作品になっています。

女性のたくましさってものも描かれていますね。

男は、ホント単純な生き物であるとも言えますが・・・

良かったね!って言えなく、後に引かれる思いが残ってしまう作品でした。

それも製作者の意図する部分なのかもしれません。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まほろ駅前番外地 第5話 [まほろ駅前番外地]

【まほろ駅前番外地】



こんにちは。

深夜ドラマって、独特のちょっと薄暗さやいかがわしさがあったりしますが、

そこに人間模様を結構自由に描き出す良さが、ふんだんに盛り込まれているもんですよね。

まほろ駅前番外地も話を重ねる毎に、より人間味が表現されてオモシロくなって来てます。



今回の第5話は、依頼人の奥さん(宮下順子)が納屋の整理を多田便利軒に依頼。

そこに現れた北村周一(新井浩文)は、その家の実の息子であり、

生まれた時に取り違えられて別の夫婦に育てられたが、自分が結婚する事を機会に、

実の親に事を知りたい一心で訪れる。



多田便利軒の多田(瑛太)は、その北村の事を気にはなるものの、仕事の依頼として、

依頼人の身辺の事は、教えられないと断るが、行天(松田龍平)は勝手にお節介を焼く事になる。

この多田と行天とのバランス感覚がまほろ駅前番外地をオモシロくしている要因になっています。



依頼人の奥さんの息子木村大輔(野中隆光)は、中学校からぐれ出し不良からその道のプロへ

いってしまい家には戻って来ませんが、現在は、追われる見になってコックの見習いをしている。

そんな事を知った北村は、木村が働いているイタリアンレストランで結婚式を挙げるのです。



北村の役どころもかなりのお節介なんですが、密かに木村に実の親を見せたい思いも

あってのことではないかと、感じさせる挙式中の笑みが印象的でした。



今回のお話は、多田(瑛太)と行天(松田龍平)のバランスがとてもオモシロい作品になってます。

行天の生い立ちに何か影がある見たいな場面もオープニングに現れて、

想像を掻き立てる内容になっていますね。



話を積み上げる毎にオモシロさが増していますので、今後も見どころが一杯である事を

期待したいですね^^






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まほろ駅前番外地 第4話 [まほろ駅前番外地]

【まほろ駅前番外地】



第4話は、資産家の老婦人から夫の遺品整理をして欲しいとの依頼。

多田(瑛太)が、老婦人の家を訪ねて処分したい物を見せてもらうと、

それは、女性の等身大の蝋人形であった。



何でこんなものが作られたか?

それを解明していくうちに、ただ処分するのではなく、

モデルになった女性の息子(正名僕蔵)を探し当てる。

女性の息子さんのいろいろな幼少時の記憶から母に対する憎しみを聞き、

最後は、ビルの屋上で蝋人形を燃やしてしまうのがストーリーになっています。



この話は、どうやら実話のエピソードを基にして作られたようです。

等身大の蝋人形も、蝋人形を作ったアトリエも実在のもので、

ドラマの奥にある実写の部分も見逃す事が出来ない作品になっていると感じました。



今回は、多田がメインの話になっていますので、行天(松田龍平)のいい加減でいて、

実は、平和的に事を丸く収める的なストーリーはありませんでしたね。

そこが、ちょっと残念でした。



まぁ、実際には、このストーリーが1番に考えられたものであったようですので、

少し硬さがあったのかもしれませんね^^


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まほろ駅前番外地 第3話 [まほろ駅前番外地]

【まほろ駅前番外地】



第3話に入って、ますます演技にオモシロイ人間模様です。

多田(瑛太)のまじさと、行天(松田龍平)のいい加減なところにもポイントを押さえた

セリフが、ビックリするほどハマっているストーリーになっています。



男の土下座に弱い春美(川村ゆきえ)の心理をとらえて、

行天が刑事吉村(三浦誠己)に土下座をさせて謝罪させる終盤。

いい加減な性格にも、丸く収めたいと言う心理が働くところは、

人が不幸になっていく事に弱い性格を持っているのかもしれない?

って言う心理が働いてきますね。



多田が、社長としてまじめな対応をするのは当然の役ところなんですが、

真面目にやればやる程、行天のいい加減な性格からは想像が出来ない、

平和主義的な行動がクローズアップされる展開になります。



深夜にドラマを観ていると、なおさら趣が感じられますね。

基本、ハッピーエンドな展開ではありますが、今後はどうなるんでしょうかね?

必要以上に後に余韻を残さないように1話完結になっています。



多田と行天の対称な性格を作り上げて、楽しい展開になっているものの、

目的地点は、2人とも同じである構成が、ホッとさせる一面になっています。

次回が楽しみになりますよ^^!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まほろ駅前番外地 第2話 [まほろ駅前番外地]

【まほろ駅前番外地】



深夜ドラマらしい、ちょっとドロドロしたところのありますが、

観はじめてしまうと、人間模様がおもしろいですね!



オープニングの曲が流れる中、多田啓介(瑛太)と行天春彦(松田龍平)が

街の中を歩いていきますが、映像が逆回しになったりと、目を引く始まりでした。

1話では、あまり注目はしていませんでしたので、2話で分かりました。



今回は、行天の言葉や行動力が光っていました。

役どころは、いい加減なヤツなんですが、意外と賢い設定です。

細かいところにも注目できるんですね。

まじめな人柄なら、切れ者にもなれるんでしょうが、いい加減なヤツです。



今回は、人探しの依頼が便利屋に舞い込んで来ますが、

通常は、探偵ではないので管轄外の仕事です。

お金に目がくらんで引き受けますが、行天が積極的に行動する。

多田は、社長として結構まじめなキャラクターでした。



依頼人の夢を壊さないエンディングには、便利屋の優しさが出ていましたね。

人としての気の使いところになっています。

以外に便利屋2人のコンビもいいし、結構オモシロくなってきましたね。



また、早速第3話をネットで鑑賞致します^^!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まほろ駅前番外地 第1話 [まほろ駅前番外地]

【まほろ駅前番外地】



テレビ東京で毎週金曜に放送されている深夜番組です。

誰が出演しているのかと思って観てみると、瑛太と松田龍平のイケメン俳優2人ではないですか。



どんな内容かと言うと、

まほろ市の駅前の便利屋、「多田便利軒」の経営者多田啓介(瑛太)、

そして彼の元へ転がり込んできた行天春彦(松田龍平)。

2人の下へ舞い込んでくる、どこか奇妙で、きな臭い依頼に係わっていく、痛快便利屋物語。



1年も多田便利軒で働いていれも給料をもらえない行天が、ラジオにコメント投稿する場面から始まり、

なぜか、プロレスの興行ををする羽目になる。

便利屋として、仕事を受ける事になるり、プロレスの訓練をする。

実は、筋書きに騙されてしまう?展開のようだ。



多田と行天の掛け合いでおもしろいのは、1年も給料を払ってもらえないと行天が言うと、

雇った覚えがないと多田が言う、この繰り返しをしながら、便利屋家業をこなしているのが

ちょっと、おもしろいかなぁって思います。



まとめて、第1話から観てみます^^

ちなみに、ドラマは、YouTubeのドラマ動画まとめのサイトで視聴しています。

このサイトからですと、無料で過去の放送分も視聴できますので便利ですよ( ̄ー ̄)ニヤリッ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
まほろ駅前番外地 ブログトップ
広告スペース
Copyright © テレビ 最新ドラマはおもしろい番組がイッパイ! All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます