So-net無料ブログ作成
とんび ブログトップ

とんび 第10話 最終回 [とんび]

【とんび】



今回は、第10話が最終回になります。

放送は、30分の延長のワイド版、90分になっています。

荷物の下敷きになる市川安男(内野聖陽)の場面からのはじまりですね。



この場面は、旭を助けようとした美佐子(常盤貴子)が亡くなってしまう場面の再現を、

今回は、天ヶ崎通運同僚の葛原の嫁(橋本真実)が孫を連れて 天ヶ崎通運に遊びに来る。

そこで、孫が荷物の下敷きになるところを安男が助けるんですが、

美佐子と同じであれば、ほんと回顧録で終わってしまうところでしたね。

病院のベッドでピンピンしている安男なんです^^



おもしろいのがこの後の場面から続きます。

入院時に受けた検査の結果が、なぜだか?再検査の通知を受けてしまいます。

そうすると、どうでしょう。

安男は、不治の病にでもかかっているのかと言う程の心配ようなんです。

退院して、たえ子(麻生祐未)のところに行った時には、自分はもう長くはないと思い、 通帳のある場所などをたえ子に告げます。 たえ子は、そんな安男の姿がおかしくってたまりません!

そして、再検査の結果は、全く問題なしなんですね。

勝手にもう長くないんじゃないかと思っていた安男は、拍子抜けというか、元気を取り戻します。



安男が働いている天ヶ崎通運は、早期退職者を希望する張り紙が貼られる状況で、

安男は、東京勤務を命じられます。

ここから場面は、東京に移っていくのですが、安男のめんどくさい性格を考え、

安男を東京に呼んだ、萩本常務(高橋和也)は、事前に旭(佐藤健)と連絡を取り、

旭の家に泊まれるように仕組むんですね。

何も知らない安男は、銀座でタクシーを降ろされてしまう。

そこに、偶然を装って由美(吹石一恵)が現れます。

そして自宅に招かれるというシナリオなんです。

どうでもいいけど、離れて暮らす息子の住んでいる所に来ているのだから、 ちゃんと連絡を入れて、泊まりに行けばいいんですが、ただでは修まらないんですね。



そんなめんどくさい性格の安男も東京転勤を決めるんです。

たえ子のお店で開かれた送別会では、珍しくしんみりとした飲み会になってしまいます。

生まれてからずっと住んでいた町。そして安男を取り巻く仲間達のこと想う安男です。

ここで一番さみしい想いになったのは、ねえちゃんことたえ子ですね。 本当の弟のように世話をしていたんですからね。



そして、東京で旭と一緒に暮らしをはじめるんですが、安男の性格です。東京暮らしが合いません。

東京に来てからの安男は、今までのような元気がありません。

ある日、勝手に決めてしまうんです。

会社を辞めて故郷に帰る事を。

旭には、なんか良く解らない論理なんですが、親だから遠くで笑っていなければならない。

故郷の人達の事が心配だし、親だから親でいた。って言う事なんです。



安男の優しさが、ちょっと現れる場面が故郷に帰ったところでありました。

安男は、会社を辞めたんですが、その時萩本常務に推薦をしたのが、リストラが決まっていた、 後輩の葛原(音尾琢真)なんですよ。

運送会社の安全と言うものが染みついている人間として薦めてようです。



それから安男は、たえ子のお店を手伝うようになります。

やっぱり、故郷で仲間に囲まれているのが、一番楽しそうなんですね。



そんなある日の事です。

由美の息子・健介(黒澤宏貴)が居なくなってしまいます。

旭と由美の間に子供が生まれて、健介の事をかまってくれる人がいなくなったと寂しい想いから、

安男のところに来てしまいます。

この時のシチュエーションがおもしろいですね。

旭が安男のいるゆうなぎに健介が居なくなった事を報告しますが、まさかこっちに来るなんて、

子供1人では考えられないんですけど、そこはドラマですね。

安男が、お店の外に出てみると、そこに健介がいるんですよね。



今回の見処であり、最後の場面になります。

東京から健介を迎えに来る、旭と由美。

場面は、旭が小さい時に母親がいなくて寂しがった時にみんなで温めてあげた浜辺です。

旭は、健介に近寄ると頬っぺたを殴ります。それは、安男が旭を殴ったように。

そして、力一杯、抱きしめてあげるんです。健介にも旭の気持ちが伝わった瞬間ですね。



クライマックスは、安男がはじめて旭に親らしく説いて聞かせます。

親がしなければならない事は、『子供を寂しがらせてはいけない』ってことを教えます。

安男が、亡くなった海雲和尚(柄本明 )の教えの通りにしたがって、親になれた瞬間でしたね。

旭も、今までで一度も不幸だと思った事はない、普通にずっと暖かかったから。

だから、親父は、俺の海なんだと思う。という包み込んでくれる優しさを与えていたんですね。

最後は、回顧録も混じり美佐子も登場します。

身寄りのなかった、安男と美佐子は、家族が増える事に、喜びを感じるのでした。



愛と感動をもらえたドラマでした。

TBS系列の日曜ドラマは、いい作品が多いですね。

現代のキーワードの一つである等身大って事が、よりこの作品を身近に感じられる存在にしていた のではないかと思います。

また、次の作品も期待したいところですね^^




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

とんび 第9話 [とんび]

【とんび】



今回の第9話は、とうとう回想録ではなくリアルな時間になりましたね。

結婚する事を決めた、市川旭(佐藤健)と坂本由美(吹石一恵)が旭の父親・安男(内野聖陽)に

会いに行く場面になります。



電話で、会ってもらいたい女性がいると安男に伝える旭ですが、

由美の年齢や離婚歴、子供がいる事を話しません。

ちょっと年上で、慶応大学出身としか言わないんですよね。

由美からしてみると、これだけでは足りないと思ってしまいますが、

安男は、実はすごく嬉しくて、町中の人にふれまわるんですね。

旭が、故郷の駅に降り立ったときには、町の数十人という方が迎えに来るんです。



そして、一筋縄ではいかないのが安男の性格なんですね。

電車から降り立った由美を見て、あからさまにガッカリしてしまうんです。

そのポイントが、旭の母親・美佐子(常盤貴子)に似ていないって事だけです。

自分が思ってしまった事は、なかなか変えようとしない、面倒臭い性格の安男です。

家に到着しても、まともに話そうとしない。そして挙句の果てに旭とケンカしてしまいます。

旭と由美は、東京に戻ってしまうんです。



この次の場面がいいですね。

由美の気持ちと行動が素晴らしいです。

由美は、翌朝こっそり1人で、また安男のところにいくんですね。

婚姻届の身元保証人の欄にサインをもらうために、旭に内緒で向かいます。

さすがお母さんですね。へこたれない根性がありますよ!

しかし、一回言いだしたら変えようとしないというか、出来ない安男の性格です。

由美の気持ちは、粉砕されてしまいます。



今回のクライマックスへと移っていきます。

照雲(野村宏伸)が安男を飲みに誘います。

そして道すがら、たえ子(麻生祐未 )のお店で由美が待っている事を告げます。

お店に入る時に照雲がいいます。安男の本当のホントの気持ちを言うように。

まぁ、ちょっとやそっとでは、素直な気持ちを言わない安男なんですが、

旭が、由美の息子・健介(黒澤宏貴)と現れます。



今回の見処はコチラになりますね。

旭は、安男に健介のおじいちゃんになってくれるって思ってくれればいいと言うんですね。

安男も孫と言われると、文句がでません。

しかし、ここで照雲が旭に怒るんですね。照雲が怒るなんて今までに一度もありません。

由美は、美佐子ちゃんとは全く似ていない、結婚をあきらめろって言うんですよ。

照雲が怒って話すもんだかた、安男は黙って聞いています。

照雲は、そんな安男の事はそっちのけで、なぜこの結婚に反対かを告げます。

由美の下を向いたままの表情が寂しそうって感じでしたが。

突如、安男は立ち上がって、照雲に怒り出します。

由美が美佐子そっくりだ。嫁の悪口を言うんじゃないって感じの怒りようなんですよ。

でも実はこれ、照雲の芝居だったんです。

ホントの気持ちを素直に口に出せない、安男の性格を知り尽くしているからできる事なんですね。

たえ子は、途中で気付いていた様子です。



毎回思いますが、ホント面倒臭い性格の安男ですね。

でも、周りから愛されている、憎めない性格がいいですね。



そして、平成11年に移ります。

なんと、美佐子が荷物の下敷きになったのと同じシチュエーションです。



次は、最終回の90分ワイド版になっていますね。

お見逃しなく^^






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

とんび 第8話 [とんび]

【とんび】



第8話では、珍しく市川旭(佐藤健)が怒って坂本由美(吹石一恵)の自宅に押し掛ける、

そんな場面から始まります。

そして海雲(柄本明)から20歳になったら読むようにと渡された手紙を 坂本に読ませます。

そこには、父安男(内野聖陽 )がどんな人間であるのか?書かれています。



そして回想の場面へと移っていきます。

安男の父親は実は、生きていたんです。

新しい奥さんの息子から連絡を安男は受けます。

父親は、入院をしていて、もう長くはない体になっている。

安男に一目会って、謝りたいと思っているんですね。

でも、安男の性格では、素直に会いに行くなんて事はしないんですね。

旭との約束で、東京にには行かないと決めているなんて意地を張るんですよ。



そんな安男にたえ子(麻生祐未)が石鹸箱の船を渡すんです。

その石鹸箱の船は、安男が父親から作ってもらったものなんですが、

子供の時に東京に行って帰ってこない父親への怒りから捨ててしまったものでした。

安男は、忘れていましたが、旭に石鹸箱の船を作ってお風呂で遊んでいたのは、 実は、父親から受け継いだものだったと、分かるんです。



ここから、安男は東京に行くんですが、はちゃめちゃな理由を作るんです。

そして、仕事で東京に行く事にして、そのついでに父親の見舞い、旭に会いにいきます。

相変わらず、メンドクサイ性格をしている安男なんですね^^



そして、東京で父親が入院している病院に見舞いに行きます。

今回の見処はこちになります。

父親は、薬で眠っていますが、そこで安男が見つけたものは、3月10日の新聞記事のスクラップブック。

実は、3月10日は安男の誕生日なんです。

安男は、しみじみ思うんです、血は争えない。今の安男そのもののなんですね。

まだ眠っている父親の手をとり、安男の周りのひとの話を教えてあげるように語りかけるんです。

最後に、憎んでいたはずの父親に感謝をします。今の自分に満足していると心から思っています。

安男らしい、メンドクサイ性格はここでも現れます。父親が目を覚ます前に帰ってしまいます。

本当に素直ではない性格なんですね^^



今回の第8話が、今までの中でもっとも感動的なお話になっていると、勝手に思っています。

①上記に記載した、病院のベットで寝ている父親に話しかける安男

②海雲和尚からの手紙で、母が亡くなった真実を知る旭

③旭の坂本へのプロポーズ



是非もう一度見てみたいお話になっています。

次は、またひと波乱がありそうな内容の予告になっていますよ。

お楽しみにしていて下さい( ̄∇ ̄)/






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

とんび 第7話 [とんび]

【とんび】



第7話は、前回の続きから始まります。

そして、市川旭(佐藤健)は、坂本由美(吹石一恵)をデートに誘って、

婚約指輪を買おうとするのですが、その道すがらの場面でオモシロいシーンがありました。



これは、視聴者の皆さまも同じように思ったかも知れませんが、

坂本が旭に、『お父さんは、いつ亡くなったの?』って聞きます。

旭は、『生きていますよ』と答える。

坂本は、旭のデスクに父母の写真が置いてあるので、

てっきりお父さんも亡くなられているんだろうと思っていたシーンですが、

あなたも、そう思っていませんでしたか?

私は、既に安男が亡くなっていて、旭は一人ぼっちになっているんだと思ってました。

いきなり、ヤラレタって気持ちでしたね!



そして、坂本からお父さんってどんな方と聞かれて、回想シーンに移ります。

そこには、白髪交じりの安男(内野聖陽)が映し出されています。

一気に老けてしまってました。

旭が東京に行ってしまって、その寂しさを、いろんなところでぶちまけるですが、

たえ子(麻生祐未)には、怒られっぱなしで、姉弟のような関係は健在でした。

安男も意地っ張りですから、旭には寂しいところを決して見せずにつっぱっているんですね。



今日の見どころは、今までとはちょっと違った旭の優しさの表現がありました。

正月には、バイトが忙しいから実家に戻れないと安男に電話を入れる。

ここでは、旭が心に秘めた強い気持ちがこもっていたんですね。

年末に、ざっしの取材のためスキー場に雑誌社の上司とでかける。

取材を終えて、ゲレンデのベンチで校正をしているところに上司が年越しそばを持ってきてくれます。

そこでの会話が良かったですね。



上司から頑張っているな、と声を掛けられ自分の思いを話します。

親に認めて欲しいから頑張る

親に認めてもらわないといけないから、自分なりの結果を出したい

それは、親を安心させるため

所詮、安男を頼り切っている旭は、自分がしっかり独立出来るだけの大人になったところを

安心させるために、早く安男に見せてあげたい一心だったんですね。

大人になった旭の優しさの表現の変化になっています。



こんな息子がいたらいいですね。

しかし、親は、子供には見返りを求めない愛情があるんですけどね^^

子供が、親になって初めて分かる事ですけどね。



そして、エンディングでは、宝石店の前にいる2人のシーンに戻ります。

旭の話を聞いて坂本が思った事は、

市川くんとは結婚できない!

7つも年上でしかもコブ付きをもし、自分の息子が連れてきたら、

ガッカリすると思う

だから、結婚は出来ない。そう言って帰ってしまいます。

予想外の展開に旭は、戸惑ってしまいます。



さすがに、坂本は大人ですね。

旭のお父さんの気持ちを考えてしまうんですから。

さてさて、次にはどんな試練が2人に待ち構えているんでしょうか?

回想シーンが、オモシロかっただけの作品では、なくなってきましたよ^^






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

とんび 第6話 [とんび]

【とんび】



第6話は、タイトルが「父と息子の最期」となっていますが、

勝手にコチラの方が心に響くんじゃないかと思いました。

「思い出の朝カレー」って感じです^^



地元の大学へ進学するのだとばかり思っていた父・市川安男(内野聖陽)は、

息子の旭(佐藤健 )から早稲田大学へ進学したいと打ち明けられ、

別れて暮らすのが寂しく思い、酔っ払って東京から遊びに来たアベックに絡んでしまう。



そして、警察に連れて行かれ取り調べを受けるはめになってしまいます。

父親を迎えに来たのは息子の旭。

どっちが親なのか?分からない場面から、

自宅に戻り、旭に説教される安男ですが、逆切れ状態!

東京に行くならお金は出さないと当たり散らす安男。

そして、家を出て行ってしまう旭。とシーンは、移っていきます。



ここで今日の見どころなんですが、

幼馴染の照雲(野村宏伸)に海へ遊びに行こうと誘われる安男です。


ton2.gif


以前旭がまだ、幼少の頃、母親がいない事に寂しさを覚えた場面と同じ浜辺で、

照雲に説教される。

喜んで旭を東京に送り出してやろうとの気持ちからの説教です。

以前の場面では、照雲の父・海雲(柄本明 )が説いて聞かせましたが、

照雲が父に一歩近づいた場面ではなかったかと思います。

ちょっと、その時の場面を思い出して、可哀そうな幼少アッくんを思い出しちゃいましたね。





そして、今日のもう一つの見どころは、

旭が東京に出発する朝にカレーを食べているシーンです。

前夜に父・安男と食べた、市川家のカレー。

そこには、グリンピースがカレーに乗っているんです。

カレーにグリンピースが乗っているのなんて、何年ぶりに見たかって感じです。

私も懐かしくなりました^^



その場面に連動しているのが、エンディングの現在のシーンです。

坂本由美(吹石一恵)から食事の誘いの電話に気が付かず、

同僚と一晩飲み明かして、店を出た時に携帯に連絡があった事を気付く。

その足で、由美の自宅に食事をご馳走になりに行きます。



起きてきた由美の息子・健介(黒澤宏貴)に旭は、カレーが一番おいしいのは、

1晩寝かした朝カレーと教えてあげます。


ton1.gif


東京に来てから食べていなかった、「思い出の朝カレー」を嬉しそうに食べる姿が、 とてもいい表情を浮かべていました。

幸せ!って言うのが滲み出ていた場面になっています。



やっぱり、【とんび】は感動的な作品になっていますね。

次回も楽しみです^^!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

とんび 第5話 [とんび]

【とんび】



市川旭(佐藤健)は、一気に高校2年生になり野球部でレギュラー取りに懸命になってます。

幼かったときのあっくんではなく、思春期で葛藤する青年になっていますね。

周りの人に気を使っていた幼少の頃とは違い、自分本位の性格になってしまってます。

通常であれば、当たり前なんでしょうがあっくんと言われていた時の優しさはどこにいったんでしょう。



旭を自分の孫のように可愛がっていた海雲(柄本明 )が病気に倒れ、

余命がわずかな体になってしまっているのを父安男(内野聖陽)から聞いていたにも関わらず、

海雲の見舞いに行かず、自分の事を優先している旭でしたが、

実は、海雲は旭の目標が達成する事を本懐としていたんですね。



旭が、レギュラーに選ばれ病院で海雲の手を握りボールを渡すと、

もう意識がないはずなのにボールを握り、うっすらと目を開けて安男に声には出ない言葉で、

お礼を言うシーンは、なんともはかないものですね。



自分の息子のように安男に接していた海雲。

最期の力をふりしぼって、安男に手紙を残します。

お前は、馬鹿だから口で言ったら忘れてしまうから筆を取るとの書き出しで、

最後は、安男に対してのお礼の言葉で締められています。

親のいない安男にとっても父親同然でしたので、手が震える程の悲しさが襲います。



そんな安男を見て、旭(佐藤健)は父の背中から学んでいくんですね。

不器用で、子供同然の安男ですが、子供を思う気持ちがしっかりと伝わっています。



エンディングは、現在の旭に話が戻ります。

旭が好きな人、坂本由美(吹石一恵)に本当の気持ちを伝える。

一途な旭の気持ちは、由美にの届いたようであったので、

はっきり言った事に満足している表情がうかがえる。



やっぱり優しい幼いころからのあっくんの表情は素敵ですね。

男として、どのようにけじめを付けて話が進んで行くのか?

また、楽しみが増えたように思います^^


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

とんび 第4話 [とんび]

【とんび】



こんばんは。

今回の第4話では、相変わらずあっくんこと市川旭(福崎那由他)に泣かされてしまいました。

子供を持つ親として、こんな素直で思いやりのある子供に育ってくれるは嬉しいです。

人の痛みや悲しみを知っている人が、優しいんですよね!



母美佐子(常盤貴子)の死の真相を知りたがるあっくんは、周りの大人に聞いて回るが誰も本当の事を教えてくれない。

しかし、父安男(内野聖陽)には聞けない。

何で聞けないのかと言うと、父が母の事を思い出して悲しい想いをするかも知れないって思っている。

父安男の事を思っての場面に、涙を流してしまいました。



そして、父安男は母美佐子は、自分をかばって荷物の下敷きになって亡くなったと嘘をつく。

知らされた、その晩は父安男を恨むあっくんですが、一晩考えて思うんですね。

母美佐子に生かされているのは、この世に2人しかいないんだからと笑顔をみせる。

ホント、素直でいい子のあっくんです(TДT)



そして、今回の見どころのもう1つは、おねえちゃんたえ子(麻生祐未)の、

別れた元夫との娘泰子(徳永えり)が、結婚するのにあたり、どうしても母親と会いたいと訪ねる。

しかし、自分の我儘で捨てた娘泰子に顔向け出来ない気持ちで、頑なに断り続ける。



最後は、安男の知り合いの娘という事でたえ子のお店に連れて行く。

お店に入った瞬間にたえ子は、自分の娘泰子である事に気が付くが、

あくまでもお客としての対応を最後まで突き通す。

そこでたえ子は泰子言うんです。

いずれあなたが親になったら、強い親は、自分がボロボになっても子供の手を離さないものだ

自分を責め、悪いのは自分にある。そんな子供を悲しませる事をしてはいけない。

精一杯の謝罪も込めていましたね。



TBSの日曜劇場は、心に打つ作品をドラマ化していますね。

私の泣けるドラマの1つになりました(≧Д≦)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

とんび 第3話 [とんび]

【とんび】



親の愛情を知らないで育った主人公の市川安男(内野聖陽)は、

ホント、親になっても子供と一緒ですね。

子供のアッちゃんに気を使わちゅんですからね。



飲み屋のおねえちゃん、たえ子(麻生祐未)がアサガオを植え、

それを安夫に見せながら語る、『ふたば』の話にはジーンときてしまいました。



『ふたば』とは、1番初めに生えて来る葉っぱ。

しかし、花の成長を見ることなく枯れてしまう葉っぱなんですね。

その花を支えながら、生えて来るのに、真っ先に枯れてしまう。

花は、そんな支えがあった事を知らないかのように育って行く。

その姿は、人は、周りの人に知らず知らず支えてもらって成長する。

その意味を分かっている旭(佐藤健)は、 『ふたば』になりたいと言うんですね。



自分がこの世に生を受けて、母親のいない環境を周りの大人の愛情に支えられ、

成長して大人になった事を分かっていて、恩返しがしたという気持ちを持っている。

感謝の気持ちを持っている人は、益々周りの人に強固に支えられるようになりますね^^



そして、最後の場面。

坂本由美(吹石一恵 )に言った、「何が本当の事なのか?」という気持ち。

その本当の気持ちが何なのか?を早く知りたいですね。

そんなエンディングになっていました。



福山雅治が歌う、主題歌「誕生日には真白な百合を」がバックに流れ、

なんとも心暖まる内容になっていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

とんび 第2話 [とんび]

【とんび】



やばいです。

この第2話を観たら、涙がとまりません。

息子の旭ことアッ君が、可愛くて、可哀そうで泣けてしまいますよ!



保育園に通う主人公市川安男(内野聖陽)の一人息子アッ君が、

お母さんがいない事で、心の寂しさを覚えてしまう。

父親安男は、再婚すればアッ君の寂しさは無くなると思うのだが・・・



お寺の住職海雲(柄本明)は、そんな安男の応援団。

そして、アッ君の事は、孫のように可愛がっている。



アッ君には、お母さんはいないけれど、こんなにたくさんの人が付いている。

寂しくなんかないんだと教えてくれていますね。

はちゃめちゃな暴れん坊の安男だが、人には恵まれています。



なんか、心温まるドラマですね。

実感してますo(^-^)o



ちょっと残念なのは、殆どが回顧録であったので、

松本京(本田翼)が、ほんの1~2分程度の出演でした。

チョイ役ですね。



子供を持つ親としては、可哀そうと思うのと、

強く育ってほしいとの想いが入り混じっていますね。

次は、どんな展開になるのか?楽しみになりましたo(^-^)o


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

とんび 第1話 [とんび]

【とんび】



とんびの概要は、

広島県を舞台に、妻を失った父親が息子の反抗期や学校でのトラブル、

受験、自立、意外な女性との結婚など様々な困難に直面し、不器用に戸惑い、

悩みながらも息子の幸せを第一に考え、周囲の支えを受けながら

男手一つで息子を育てた父の半生と親子の絆を描いた作品。



重松清さんの小説んですね。

しかも、昨年NHKで土曜スペシャルとして放映されていました。

キャストは、今回とは、全く違いますね。



主演は、市川安男(内野聖陽)、荒い気性役を演じていますね。

高度成長期の日本ですから、男は仕事一途の運送ヤローって感じですかね。

奥さん役は、美佐子(常盤貴子 )で、ほんと優しくて感謝を忘れないところがいいですね。

息子役が、旭(佐藤健)で、子供の頃の回想から始まっています。



いつも思うのが、 佐藤健は、今時のイケ面俳優なんですが、

なんか、凄い優しさを持った役どころが多いですね。

結構、冷静さがあって、エネルギーを放出する感じではないんですね。



でも、見つけちゃいましたね。

このドラマの密かなマドンナなんですが、今回はチョイ役になっています。

松本京役(本田翼)です。



最近は、駅で良くポスターを見かけます。

女性誌non-noの専属モデルなんですよね。

私が知ったのは、昨年放映していたPieceというドラマです。

準主役で登場して思春期の心の中を上手く演じてましたねo(^-^)o



第1話は、妻美佐子(常盤貴子 )が、息子旭(子役)を助けるために

身代わりになって、亡くなってしまい、父と子の生活になったところまででした。

常盤貴子がもう出てこないのかな?ちょっと寂しいです。



そうそう、忘れちゃいけないのが、飲み屋のお姉ちゃん、たえ子(麻生祐未 )です。

芯の強い女性を演じていますね。

楽しみがたくさんあります!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
とんび ブログトップ
広告スペース
Copyright © テレビ 最新ドラマはおもしろい番組がイッパイ! All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます