So-net無料ブログ作成
書店員ミチルの身の上話 ブログトップ

書店員ミチルの身の上話 第9話 [書店員ミチルの身の上話]

【書店員ミチルの身の上話】



今回第9話では、とうとう直接竹井輝夫(高良健吾)にフライパンを振りかざしてしまった、

古川ミチル(戸田恵梨香)の罪に悩み、動揺する場面になります。



竹井をフライパンで殴ってしまったミチルは、動揺して部屋を出て行ってしまいます。

直接、犯罪に手を染めてしまった事への恐怖からなんでしょう。

そこに、親友の初山春子(安藤サクラ)が長崎からミチルに会いに来たところに遭遇します。

ミチルは、心の許せる親友の顔を見た事で、ホッとするんですね。

初山は、そんなミチルを見て何も聞かずに一晩付き合ってくれます。

そしてミチルは、初山に何も言いだせないまま、翌朝別れてしまいます。



その後に、なんと東京に来た立石武子(濱田マリ)を見つけてしまいます。

その時のミチルの驚いた表情は、いい演技をしているように見えました^^

逃げるように、京都行のバスに乗り込んでしまいます。

ここからのストーリーがミチルの心を揺れ動かします。

京都行のバスの車内で老夫婦と出会い、京都旅行を一緒に過ごす事になります。

実は、その老夫婦は娘を交通事故で亡くし、入ってきた保険金の使い道も考えられず、

取りあえず、京都を訪れたんです。

そこで、ミチルを見つけ、亡くなった娘とダブってしまったんですね。



そして、その老夫婦がミチルに言います。

保険金の使い道などない、お金が入って来ても娘は戻ってこないって事なんです。 親って言うのは、子供には無償の愛をささげるもの。 そんな気持ちを分かってやって欲しいと告げます。

そんな言葉を聞いたミチルは、長崎の実家に向かいます。



今回の見処は、こちらになります。

実家をが見える小高い場所に立ち、家の前でミチルの自転車を手入れする父古川継徳(平田満)が

映し出される場面です。

継徳は、自分のせいで戻ってこれないと思っているものの、口に出しては言えない。

しかし、ミチルがいつ戻って来てもいいように備えているんですね。

そんな父の心を察してなんでしょうね。

犯罪まで犯してしまったと思っているミチルは、実家には戻りません。

その父と娘、2人の心境が良く映し出されたシーンであると納得してしまいました!



そして、実家を後にしてさ迷うミチルです。

ここで運命的な出会いがまっています。

ナレーションをしていて、ミチルの事を妻と語っている大森南朋と出会います。



なんとも恐ろしい演出が、最後の場面に待っていました。

ミチルにフライパンで殴られた竹井なんですが、実は気絶していただけなんです。
むくっと起き上がるシーンは、フランケンシュタインでも見ているようでした(怖っ)



次の展開が、どんどんおもしろそうになっていきそうです。

見逃せないようですよ^^






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

書店員ミチルの身の上話 第8話 [書店員ミチルの身の上話]

【書店員ミチルの身の上話】



第8話までお話は進みましたね。

今回は、かなり怖い内容でした;(>Д<);



古川ミチル(戸田恵梨香)は、竹井輝夫(高良健吾)に好意を持っている、

後輩の高倉恵利香(寺島咲)の自殺で、めちゃめちゃ、動揺をするのですが、

高倉の鞄の中から豊増一樹(新井浩文)に渡したはずのお金を入れていた封筒を見つけてしまいます。

そして、高倉や居なくなった豊増の事がどうなったのか?考え始めます。

そこには、恐ろしい予想が描かれているんですね。



そんな頃、長崎では、立石武子(濱田マリ)が2億円の宝くじを購入したのがミチルじゃないかと、

宝くじ売り場で確認をしたりしています。

また、豊増と連絡が取れなくなっている事に不審を募らせているんですね。



立石とは別に、初山春子(安藤サクラ)はミチルから東京で宝くじを買ったと言われた言葉に不審を持ち始め、

宝くじ売り場に、ミチルが購入していないか?確認に行きます。

立石の時と同じように、宝くじ売り場のおばさんは、答えてはくれません。

しかし、見つけてしまったものがあるんですね。

そう!ミチルが持っていた傘なんです!

宝くじ売り場に、置き忘れになっていたものなんです。

これで、初山は確信した様子でした。

どんどん、ミチルのついた嘘がばれていくって感じになっています。



祖母が亡くなった知らせを受けた竹井は、長崎に戻ります。

そこでビックリ、実は、沢田早苗(浅田美代子)が面倒をみていた、寝た切りの母親って、

竹井の祖母だったんですね。

そう、竹井は沢田の甥い当たるんです

こんな関係だったとは、知りませんでしたね(@ 。@)

ミチルの事が心配な竹井は、告別式が終わると、すぐに東京に戻ります。

実は、その時に・・・



ミチルは、今の状況や高倉が話していた竹井の事から、

一連の事が竹井の仕業であるのではないかと思い始めます。

ちょっと、気が付くのが遅い感じはしますがね(^_^;)



恐ろしくなったミチルは、竹井の家から一刻も早く逃げ出そうとします。

階段を駆け下りて行くと、そこには、長崎から戻ってきた竹井がいました。

その場面でのミチルの、恐怖と動揺しているところは、いい演技だと感じましたね。



そして、ドラマはエンディングを迎えるんですが、

今日の見どころは、このエンディングの場面になります。

全てを竹井から聞いたミチルは、自分が想像していた事が当たっていた事の恐怖で怯えます。

竹井の行動だけではなく、ミチルへの思いも含めての事なんですね。

『ミチルちゃんと僕のためなる事だったら何でもやるよ』と冷静に言う竹井に怯える。

そして、ミチルの取った行動は、座っている竹井にフライパンを振り下ろしてしまいます。

とうとう、ミチル本人が、直接人をあやめてしまう瞬間でした。



しかし、どう考えても全ての現況は、ミチルの取った行動から始まっている。 この事について、ミチルは自覚しているのでしょうか? そんな自分勝手なミチルの性格なんだと、今回は特に感じてしまいました。

そう感じられるのは、戸田恵梨香の演技ってことなんでしょうね。 ハマってしまってますねΣ(゚Д゚;)アラマッ

次回は、やっとこの男(?)が登場するようです。乞うご期待!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

書店員ミチルの身の上話 第7話 [書店員ミチルの身の上話]

【書店員ミチルの身の上話】



第7話は、古川ミチル(戸田恵梨香)が不倫相手の豊増一樹(新井浩文)に別れを告げる場面から始まります。

東京に来て、いろいろなトラブルを引き起こした事や宝くじに当たったことで、豊増への気持ちが薄れてしまったミチル。

しかし、そこで豊増が会社をクビになった事や空出張、経費の水増しなど不正を行っていた事を知らされる。

そして500万円が必要と言う豊増へ、何とかすると答えるミチルです。


mitiru1.gif


そして、その事を電話で初山春子(安藤サクラ)に告げる。

初山は、長崎で当選が出た宝くじの1等がミチルが持っていると確信に変わり、

裏を取る行動に出る。

この知られたという事は、のちのちに触れられて来るのではないでしょうか。





今回も竹井輝夫(高良健吾)が怖いです!

ミチルが500万円を用立て、豊増に渡す事を電話で竹井に知らせる高倉。

翌日、豊増との待ち合わせ場所である、ミチルが借りた部屋に行くが不在。

そのちょっと前の場面で、ミチルが、アパートに着いた時に白いワンボックス車が走り去っていく。

なんか見たことがあるワンボックス車なんですよね。

どこか、山のようなところを走っていく場面が後から映し出されています。

怖~い!!!

竹井が映像に映し出されていないので、怖さの効果が増していますよ(ブルブル)





今回の見どころは、

ミチルと高倉恵利香(寺島咲)との会話のシーンです。

上林久太郎(柄本佑)を直接的に殺してしまった事で、悩みに悩んでいる高倉。

綺麗な髪の毛は、白髪が混じる状態になってしまってます。

そんな高倉は、ミチルに「あたしが悪いって思っていますよね?』との問いかけに、 何も答えないミチルなんですね。


mitiru2.gif


ミチルの心の中では、実行した高倉が悪いと思っている証拠であると考えられる表情が感じ取れます。

なんて性根の悪い役なんでしょうか?

ミチルを助けるためにしてしまった行動なのに!

かなり怒りを覚えて身勝手さを感じているのは、私だけでしょうかね?



最後の場面では、竹井からミチルに連絡が入る。

高倉が自殺したという内容です。

はんまかいなぁ~!って思ってしまいます。

ますます、竹井が怖いです。

半端の無いミチルへの想いって、ミチルは分かっているのでしょうか?

身勝手な女ミチルと内に秘めた想いを持った竹井の怖さがひときはクローズアップされちゃいます(コワッ)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

書店員ミチルの身の上話 第6話 [書店員ミチルの身の上話]

【書店員ミチルの身の上話】



こんにちは。

第5話で急転直下の暗黒に突き落とされた古川ミチル(戸田恵梨香)ですが、

非常に分かり易い性格の持ち主と言った役ところなんですね。

表情や言葉に直ぐ表れていますが、自分本位は変わらない表現が多いですね。

他人には、興味を示さない!

他人の痛みなんかは考えない性格のようです。



竹井輝夫(高良健吾 )が、ふさぎ込んでる場面で、アルバイトを既に止めている事を、

一緒に暮らしていたら分かるものと言う言葉に、竹井に対する無関心さの表情を見せる。

竹井は、ミチルの事が好きだから、一生懸命助けようとしてるのにっと言った気持ちではないでしょうか?

ミチルからすると、いつも言う事を聞いてくれるしもべのような存在であったが、

優しさと冷淡さの2面性が垣間見れる、第5話でもあります。



今回の見どころとしては、

豊増一樹(新井浩文)が、長崎に出張に行っている間に、不正経理が会社でバレテしまい、

奥さんから携帯に連絡が入る。

その夜、立石武子(濱田マリ)と関係を持った後で、立石にミチルと付き合っている事が分かってしまい、

立石は、ミチルが宝くじ1等2億円が当たったと嘘(実は本当の事ですが、立石は知らない)を言われた時の

竹井の放心状態とも、何かを考えているとも言える表情が、素晴らしい演技に見えました。

その後、東京に出張から戻って来た竹井がミチルを待ち伏せして、逃げようと持ちかけるのには、

もう会社にも家庭にも居場所が無くなってしまった竹井のよりどころがミチルになった瞬間でしたね。



しかし、ミチルの気持ちはもう竹井にはなく、別れたい

と言う状況に追い込まれているのに、何とも皮肉な事ですね。



それにしても、人間こんなにも悪い状況に一旦転げると、

坂を転げ落ちるように加速して行くもんなんですかね。

ドラマの中ですが、ちょっと、怖くなってしまいます。



深みに一度はまったらどんな結末が待ち受けているのか?

想像できる事ではありますが、その流れがどのように移って行くのか、見ものでもあります。

次回が楽しみになってきました^^



しかし、くれぐれも嘘で嘘を隠すような事はしないに限ります。

いつかは、バレテしまうのですから!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

書店員ミチルの身の上話 第5話 [書店員ミチルの身の上話]

【書店員ミチルの身の上話】



第5話は物凄く怖い展開になってしまいました。

ちょっと想像してませんでしたので、ビックリしましたね!

特に、古川ミチル(戸田恵梨香)の幼馴染 竹井輝夫(高良健吾)は、

単に良い人の役かと思っていましたが、こんなにも怖い一面を持っていたんですね。



ミチルの彼氏、上林久太郎(柄本佑)は、ミチルが浮気をしている事を知りながら、

長崎に連れ戻すためにミチルの新居を探し当て、ミチルを説得する。

ミチルの言葉に逆上して、強引に連れ戻そうとした時に、竹井の後輩、高倉恵利香(寺島咲)が、

フライパンで上林の頭を殴る。そして、殴られた上林は、血を流して動かなくなる。

そこに現れたのが竹井!



それから、この事件をなかったものにするストーリーを竹井が計画し始めるんですね。

ミチルに密かにおもいを寄せている竹井は、ミチルを守ろうとするんですが、

余りに冷静に『深い森に失踪してもらう』なんてセリフを言うもんだから、

背筋がゾクッとしてしまいましね。メチャ怖い表情でした!

ミチルは、頭の中が真っ白の状態が続き、思考が停止している様子ですね。



それと、もうひとつ気になった場面がありました。

上林をフライパンで殴った竹井の後輩、高倉。

咄嗟にミチルを助けるために、やった行動とはいえ、

『私のせいじゃない』ってセリフを聞いて、こういう場面では、

人は、このように自分がやった事を相手のせいにするもんなんだと思いましたね。

確かに、この場面では、正当防衛ではありますがね。



この第5話は、かなり見ごたえがある内容でしたね!



まだ、もう1つありました。

ミチルの夫(語り:大森南朋)のナレーションです。

こんな状態で、どうして結婚できて、夫にこの事件の説明をするのか?

気になって来ちゃいましたね。



次回はどんな展開が待ち受けているんでしょう。

楽しみにしています^^


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

書店員ミチルの身の上話 第4話 [書店員ミチルの身の上話]

【書店員ミチルの身の上話】



とうとう、主人公の古川 ミチル(戸田恵梨香)が2億円を手にしましたね。

それに、宝くじで1,000万円以上の高額当選をすると、『宝くじ読本』なんてのをもらえるんですね。

確かに、こんな金額をいきなり手にしたら人生が変わってしまいますね。



その宝くじ読本の中で、誰に当選した事を知らせるか?

これって考えると、基本的には知らせるとしたら家族くらいなのかなぁって思いますね。

利害関係が発生する人には、決して教えられないですね。

そんな気がします!



また、今まで通りの生活をする。とか、急に贅沢な暮しをしない。とかが、

書かれているようですが、どのレベルの変化なのかは人それぞれとしても

間違いなく贅沢は、するでしょうね。プチかも知れませんが。

まぁ、当たった事がない人間が想像していても虚しいですがね(^_^;)



妹の古川 千秋(波瑠)が父親継徳(平田満)に姉の部屋と自分の部屋を替えてる提案をする場面、

ちょっと、困った父親と突き放したような、自分には関係ないような妹の話って、

日常の家族の中でポロッと出てくる本音の会話でおもしろいですね。

子供は、結局自分の事ばかりを考えているって、しみじみ表現されています。



淡々と進んで行った第4話も

ミチルの彼氏の上林 久太郎(柄本佑)が突如、借りたばかりのマンションに押し掛けてくる場面で

終わってしまいますが、次回からの展開がおもしろそうな予告へと続きます。

まぁ、予告を観れば次の展開が分かってしまいますが、ここでの人間模様というか?

それぞれの役ところが出てくるんでしょうね。



次回も楽しみですね^^


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

書店員ミチルの身の上話 第3話 [書店員ミチルの身の上話]

【書店員ミチルの身の上話】



いや~、とうとう宝くじが、当たった場面に突入しました。

良く宝くじを当てると、人生が変わってしまうといいますが、

このシチュエーションで宝くじが当たったら、ネコばばするでしょうね。



それにしても、うまい宝くじの買い方をさせていますね。

浅田美代子が5,000円で、お釣りの200円はお駄賃。

濱田マリが5,000円で、お釣りの200円は返して。

安藤サクラ が3,000円で、お釣りなしの計13,000円を預かり、42枚の購入を頼まれる。



しかし、実際に買った枚数は・・・

もし、あなたがドラマを観ていなかったら、ここは観た方がいいでしょうね。

録画をしていなければ、ネットのドラマサイトでも観れますよ(^_-)-☆



それしにても、ミチル(戸田恵梨香)はずるい女ですね。

嘘を嘘でごまかし、取り返しのつかない事になり、

挙句の果ては、もう故郷には帰れない状態までに追い込んでしまう。

欲望というものは、怖いですね。でも、宝くじは当たりませんよね、普通は。



一番印象深かったのは、不倫相手の豊増一樹(新井浩文 )。

万冊をミチルにあんなに簡単に渡せるサラリーマンなんていないだろう。

と、思っていたら、案の定、経費の不正をしてましたね。

同じサラリーマンとしては、このパターンは、分かりますね!

私は、そんな事をやる勇気は、ありませんからね。



さてさて、次の展開が待ち遠しくなってきましたね o(^-^)o


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

書店員ミチルの身の上話 第2話 [書店員ミチルの身の上話]

【書店員ミチルの身の上話】



それにしても、ミチル(戸田恵梨香)は、 大胆なOLなんですね。

仕事を抜け出して 、不倫相手の豊増一樹(新井浩文)が東京に帰るのを見送る、

とそこまでは、いいのですが、東京までついて行ってしまうとは。



そこで、出会った地元長崎の同級生、竹井輝夫(高良健吾)は、良い人そのものですね。

こんな男性って結構いますね。

ミチルの事が、密かに好きなんでしょうね。

ミチルには、眼中にないってところが、分かっているのに、気を揉んでしまいます。



高良健吾の役を観ていると、NHKの朝ドラおひさまに出演していたイメージとダブります。

ホント、良い人役にピッタリなんですね。

逆に今度は、 高良健吾の悪い役も観たくなってしまいました。イメージ湧きませんが・・・



そう言えば、バブリーな時代にアッシー君なんてのが流行りましたね。

電車が無くなるまで、クラブなどで遊んだ女性が、家に帰るのに男を呼び出す。

車で迎えに行く男をアッシー君って呼ばれていました。

今回の高良健吾は、そんな役どころになってますね。



嘘を重ねた主人公のミチル(戸田恵梨香)に付きあってあげていた同僚役の

初山春子(安藤サク)も嫌味もあり、仲間想いもありで迷惑かけられっぱなしです。

こういう方の役どころが、主人公を惹き立たせるんですよね。さすがです!



もう、地元長崎に帰れなくなってしまった主人公のミチル(戸田恵梨香)は、

どうなっていくんでしょうか?

予告ででちゃってますね( ̄ー ̄)ニヤリッ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

書店員ミチルの身の上話 第1話 [書店員ミチルの身の上話]

【書店員ミチルの身の上話】



地方の書店に勤める平凡な女・古川ミチル(戸田恵梨香)は、

地元名士の息子・上林久太郎(柄本佑 )と付き合いながらも、

東京の出版社の営業マン・豊増一樹(新井浩文)と不倫関係になる。



こんなドラマですが、戸田恵梨香が、こんないい加減な女の役をやっているのを観るのは、

初めてですのが、こんな考えの女性っているんだろうな?

って思いながら見入ってしまっています。



ミチル(戸田恵梨香)の務める書店の先輩社員、立石武子(濱田マリ)と沢田早苗(浅田美代子)の

バランスもいいですね。

浅田美代子の落ち着いた先輩役は、余り似合いませんが、濱田マリはイメージにピッタリです。



余談ですが、浅田美代子は、寺内貫太郎一家の看板娘だったんですよね(^_-)-☆

歌は、メチャクチャ下手ですが、その当時は、メチャクチャ可愛かったですよ!

って、何年前の話でしょう。浅田美代子が20歳代の時だと思います。



まぁ、ミチル役の戸田恵梨香が、どんな演技をしていくのかが楽しみです。

また、違った一面を見せてくれる女優になっていく事も期待しています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
書店員ミチルの身の上話 ブログトップ
広告スペース
Copyright © テレビ 最新ドラマはおもしろい番組がイッパイ! All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます