So-net無料ブログ作成
カラマーゾフの兄弟 ブログトップ

カラマーゾフの兄弟 第10話 [カラマーゾフの兄弟]

【カラマーゾフの兄弟】



冒頭からいつもと違い、過去の場面ではなく新たな話しから入っていましたね。

三男・黒澤涼(林遣都)が母・詩織(安藤サクラ)の墓前で、丸谷八重子(山野海)と再開する。

そこで聞いた事は、新たな展開をほのめかす内容になっています。

実は、父・文蔵(吉田鋼太郎)にはもう一人の子供がいるかも知れないという内容なんです。

涼は、次男・勲(市原隼人)にその事を相談し、長男・満(斎藤工)の裁判にかたが着いたら、

探してみようと勲は告げるのですが、気になった涼は、翌日から探し始めます。

この展開は、今回の話のエンディングに続くんですね^^



拘留中の長男・満に面会をする加奈子(高梨臨)は、やっと自分の気持ちの整理が着く。

満に別れを告げるために面会に訪れたのです。

加奈子は、満を変えようとしていた事を詫びるが、満は、加奈子に相応しい男になる事を望んでいた。

という、それぞれの思いを告げるんですが、行動や容姿からはちょっと想像がしづらい満の優しさって、

なんとも違和感がありますね。似つかわしくない優しさって感じがします。



状況が急展開するのは、この後からなんですが、

勲は、久留美(芳賀優里亜)に会います。

そして、犯行日、久留美は何も予定が無かった事を告げます。

その後自宅で勲は、満の調書との違いを見つけて翌日満に接見して確認します。

勲は、何かを掴んだんですね!



それと同時に涼は、もう一人の兄弟の行方を捜すんです。

そして、児童養護施設で一緒だった人を突き止め、ササキジュンヤの事を聞きます。

付き合いが無いと言う事で何もつかめないようなシーンでしたが、

思い出したようにササキジュンヤの写真を見せてもらうんですが、

その表情は、いかにも知っている人間が映っているという表情を浮かべています。

涼は、勲に電話をしますが、電話には出てくれない。

涼は、警察に向かいます。入江刑事(滝藤賢一)を連れて自宅に向かいます。



一方、勲は、涼から連絡をもらったのは、クライマックスの真っ最中でした。

と言う事で、この場面が今回の見処になります。

自宅に戻った勲は、末松(松下洸平)に聞くんですね。

犯行日になぜ、満兄さんに久留美が家に来るって伝えたのか?

なにも答えない末松。

そう、涼が写真で見たササキジュンヤは、実は末松なんです。

ここからの使用人であった腰の低い末松は、自分の思いをぶちまけて行きます。

内に秘めたひとの想いって言うのは、いろいろな感情があるっていうのを

上手く表現してくれています。

なんとなく、冒頭から犯人を匂わせる展開でたのでね。



末松と勲の場面で終了でしたので、続きが見たい展開にしていますね。

楽しみですね^^






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

カラマーゾフの兄弟 第9話 [カラマーゾフの兄弟]

【カラマーゾフの兄弟】



第9話に移り、今回は出だしから黒澤涼(林遣都)の露出が多いですね。

兄弟想いの優しい涼は、長兄・満(斎藤工)の無罪を信じ、自分が出来る事をやります。

満と逃げようとした吉岡久留美(芳賀優里亜)に会いにバーに行きます。

久留美は、満の無実を信じている涼の気持ちを聞いて確信するんですね。



久留美は、涼に言います。

満が本当に守りたかったのは、兄弟なんだと。

それを聞いた涼は、ますます満を助けたいとの思うんですね。

そして、久留美から満の事を聞かされます。

満は、兄弟を守るための勇者になりたかった。

それを果たせなかった想いを今も悔やんでいると告げられます。



自宅に戻った涼は、次兄・勲(市原隼人)に兄達を信じる想いを打ち明けます。

純粋な涼の目を見ていると、何か変わってしまった自分に思いつめてしまう勲です。

そして、留めのことばが涼から告げられます。

『困った時に支えあえなかったら兄弟に生まれた意味がない』

このひと言で、勲は目が覚めたようですね。

それにしても、優しい役処ですね涼君は!



場面は代わって、拘置所に移された満ですが、否認していることから、刑事・入江(滝藤賢一)は

追い込みをかけるんですね。

避妊を続けていると久留美や弟達に迷惑をかけてしまうと。

ちょっと、この場面は、入江のいやらしさがでていますね。

とっとと罪を認めさせて刑務所に送りたい入江ですが、現実もこんなんですかね?



そんな追い込みをかけられた満は、犯行を認めるような発言をしはじめています。

そして、勲は改めて弁護人として接見します。

そこでは、父から解き放たれたい。そのため、満の無罪を勝ち取ることが必要と考え、

弁護をする事を決意するのです。



そして今回の見処はこの後の場面です。

廊下ですれ違う勲と入江です。

弁護をしても勝ち目はないと言われる勲は、やっていても、やっていなくても裁判に勝てばいい!

この時の勲の表情は、父・文蔵(吉田鋼太郎)の性格そのものであったように見れましたね。

涼との話で、やさしを取り戻した勲と思いきや、父の血が支配しているって感じられる瞬間でした。



密かに犯人は、勲じゃないかと思っているんですが?

まだ、ハッキリとはしませんね。

次回に持ち越しになります^^






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

カラマーゾフの兄弟 第8話 [カラマーゾフの兄弟]

【カラマーゾフの兄弟】



第8話を観て、やっぱり黒澤勲(市原隼人)と刑事・入江悟史(滝藤賢一)の2人の演技がいいなぁ、

ってつくづく思いましたね。

入江が、黒澤3兄弟の取り調べから、容疑者を満(斎藤工)に絞って裏取りを行います。



満の恋人・遠藤加奈子(高梨臨)に入江は、満の事を聞きに行きます。

そこで、加奈子は、満の事は自分が一番分かっていると入江に言いきるのですが、

満は、吉岡久留美(芳賀優里亜)と逃げようとしていた事を告げる。

加奈子に対して、そんな決定的な事を刑事って、言ってしまうもんなんでしょうかね。

だからと言って、加奈子の満への思いが断ち切れる事ありません。

勲を訪ねて行き、満を助けて欲しいとお願いするんです。

勲は、決して加奈子のお願いを断れないんですよね。

これは、はじめから一貫していますが、勲の加奈子に対する気持ちって一度もはっきりとはされません。

どうみても、勲は加奈子の事が昔から好きであるって感じですし、

それであれば、加奈子の好きな兄・満に対して決して良くは思っていない感情がどこかにはあると思えます。



勲は、満の担当弁護士として満に接見します。

しかし、そこで満から出てきた言葉は、勲が真犯人ではないかと問い詰めるんですね。

例のごとく、勲は左肩をぎゅっと握りしめ、震えながら怒りを露わにする姿をみて、

満は、親父そっくりだなって言うんですね。

勲は、その言葉に恐怖心で一杯になります。

実は、最も父・文蔵(吉田鋼太郎)に似ているのが勲であるからなんですね。



そして実は、涼(林遣都)も兄・勲のことを密かに疑っているのではないかと思われる場面もあります。

父の肖像画に向かって『自由になりましたよ、あなたの手から』とつぶやく勲の姿を見てしまうんですね。

その事を、回想する涼の場面は、心に引っかかるという効果をにじませています。

そろそろ、勲の本性が爆発しそうな気配がします。

弁護士という職柄、最も冷静に発言することは多いのですが、父に対する憎悪は兄弟の中では、

最も大きいように感じられます。

この後には、もっと恐ろしい感情が現れるのか?楽しみでもあります。



これからの入江の役柄が、ますますこのドラマをオモシロくさせてくれるのではないかと、

期待したいと思います。

脇役として、すごーくポイントになっている登場人物って思いますね^^






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

カラマーゾフの兄弟 第7話 [カラマーゾフの兄弟]

【カラマーゾフの兄弟】



今回の第7話は、意識を取り戻した秘書・小栗(渡辺憲吉)から話を聞く刑事・入江(滝藤賢一)が、

3枚の写真を病床に置き、誰を見たのか?聞き出すところから始まります。

そして、小栗が指さしたのは、長男の黒澤満(斎藤工)でした。

その時の入江の表情は、何とも言えずいやらしくも、満足な表情を浮かべていました。



そんな状況の中、次男・勲(市原隼人)と三男・涼(林遣都)の取り調べは継続される。

なぜかと言うと、2人とも犯行時にどこにいたのかを白状していないからでした。



そこへまず涼の潔白が判明します。

黒澤文蔵(吉田鋼太郎)が裁判で争おうとしていた杉卓工務店の息子・一郎(樋口海斗)くんが

警察に証言してくれました。

それは、涼との約束を破るものでしたが、救ってくれたのは一郎くんでした。

一郎くんは、可愛いですね!



残すは、次男の勲のアリバイなんですが、なぜか?母の墓前に行っていたといいます。

刑事・入江は、勲が共犯でないかとの事を疑っていたのですが、あっさりこれで帰されます。

そして容疑者は、長男の満ということで確定!



これってホントなのかな? 自供したことから、その流れで進んで行きますが、果たしてそうなのか? 引っかかる内容になっていると感じています。



今日の見どころは、この次男の勲の取り調べの際、勲が犯行時のアリバイを語った後の

刑事・入江の言葉、『これで確信しました』と言って、何とも言えない犯人が確定された瞬間の表情。 入江役の滝藤賢一さんは、このドラマの助演として素晴らしい効果を発揮しています。

いや~、入江いなくして、このドラマは語れないって感じがしちゃいますね!



そして、自宅に戻った勲。やけに冷静です。

冷静に判断しなければならない、なんて言うセリフがありましたが、ここで秘書・小栗のひと言。

文蔵が亡くなった事に対して、『心が痛まないのですか?』と言い放つ。

文蔵に仕えていた秘書だけの事はありますが、冷静に考えると父親が亡くなって、誰も寂しがらない。

文蔵の役処では、客観的には悲しむ相手ではありませんが、実の父親なんですからね。

それほどに、憎しみが深いとも言えますが。



ここでも、勲の何かを隠しているような感じがあります。

犯人は、長男・満で間違いがないのか? こんな感想になっている第7話でした。

まだ、どんでん返しがあるかもしれませんね^^






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

カラマーゾフの兄弟 第6話 [カラマーゾフの兄弟]

【カラマーゾフの兄弟】



それにしても毎話感じる事は、刑事・入江悟史(滝藤賢一)のシーンで始まる、

人を追い詰めようとする演出って、思わず誰が犯人なのか?

吸い寄せられるように観てしまう効果がてきめんですね。



この第6話は、重体だった秘書・小栗晃一(渡辺憲吉)が意識を取り戻したところからです。

回を追うごとに、犯人は3兄弟の誰であっても、おかしくない状況になっていますね。

それぞれ3兄弟とも、違った角度から父親・黒澤文蔵(吉田鋼太郎)を憎んでいる。

この事には、反論の余地は全くない状況になってます。



ただ、第1話から犯人は、3兄弟ではないかといった描かれ方をしていましたが、

現実の世界で考えると、仕事上のトラブルから文蔵に敵意をもっている人間は、

物凄く多いんではないかと感じちゃいますね。

その部分は、あまり描かれてはいませんが。

どちらにしても、文蔵の性格はますます確立される事実が出てきますね。



今日の見どころと言えば、2か所ですかね。

まず、黒澤勲(市原隼人)が兄・満(斎藤工)を海に呼び出し、父の企みを阻止しなかった事をわびる。

そして、満の恋人・遠藤加奈子(高梨臨)を幸せにしてやって欲しいとお願いする場面では、

満も弟・勲が何か、強い決心をしたんだと悟る。

多くを語らないが勲は、父親のいるこの町には居られない。

密かに恋心を抱いていた加奈子に対しては、幸せになってもらいたい気持ちを、満にぶつける。



そして、もう1つの見どころは、

加奈子から連絡を受ける勲

兄・満がいなくなった事を告げ、戻ってくるように連絡をして欲しいとお願いする。

この場面での勲が自分の気持ちを、勲的な出来る限りの表現で、加奈子に伝える。

そして、もう力にはなれない事を告げる。

元を返せば、はっきり自分の気持ちを伝えない勲がいけないのではあるが、

シャイな表情が加奈子と接する時は、現れてしまいますね。

今回は、勲の加奈子への思いが表現されている2つの場面をピックアップさせて頂きました。



そして、秘書・小栗が、犯行時間に黒澤家で会った人物は・・・



長男・満の写真を指をさす!!!



この時点では、犯人とは言っていないので、満が犯人とは決まっていませんが、

より濃厚には、なってくる場面ですね。

そして、3兄弟それぞれが、父親・文蔵を憎む感情も増幅させていく。

より複雑化している場面が、多数現れますね。



次回を楽しみに待ちましょう^^






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

カラマーゾフの兄弟 第5話 [カラマーゾフの兄弟]

【カラマーゾフの兄弟】



こんばんは。

第4話で、3兄弟の取り調べをした刑事入江悟史(滝藤賢一)だが、

今回の第5話では、その取り調べを補完すべく3兄弟の取り調べ場面からの回想録が展開される。



いきなり、話はちょっと逸れますが、滝藤賢一さんの役って、

ホント欠かせないキャラクター役をやっている事が多いなって思ってます。

今回は、いやらしいくらいに自供させる為に追い込む巧みな話術になってますね。



思い出しましたが、主演の市原隼人さんと共演していた『ランナウェイ』を思い出しました。

あの時は、検察庁の役だったと思いますが、無機質な感情を表さない役でした。

今回も同様に自分の使命を果たす役がハマっていると思いますね。

こういう方がいて、主役が引き立って行きますからね^^





そしてもう1つなんとも切ない感じの見どころ(自分的にですが)は、

杉卓工務店社長、杉山(水野智則)が黒澤文蔵(吉田鋼太郎)に謝罪して、今まで通りに

仕事をさせてもらうため、プライドを捨てて頭を下げに黒澤家に訪問するシーン。



黒澤家の外で待っている杉山の息子、一郎(樋口海斗)と三男黒澤涼(林遣都)との会話で、

一郎の純粋な心で両親を思う心に触れ、涼は何とかしたと強く考えるようになる。

その時の一郎の切なくも優しい子供の気持ちが表現されていて、助けて挙げたいと思いました。

親になると、こんな子供のシーンに感動してしまいます(;_;)



そして、涼が相談するのは次男勲ですが、

酒を飲みながら、話をするシーンで、勲は涼に問い詰める。現実というものを!

ただ、ここでは逆に勲が、自分が忘れてしまった希望というものに愕然とし、

心の葛藤表現とその後に必ず出てくるシーン。

左肩をさする

これはいったい何を意味しているんでしょうか?

過去の嫌な思いとは、気になって仕方がありません!



佳境が近づいてきますが、次回の展開が楽しみです。

誰が、犯人でもおかしくないんですね!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

カラマーゾフの兄弟 第4話 [カラマーゾフの兄弟]

【カラマーゾフの兄弟】



とうとう兄弟で最後の取り調べになります、黒澤涼(林遣都)が今回の主役です。

まだ、物心がつく前に母親を亡くして、母親の温もりを覚えていない涼ですが、

心の優しさは、母親の性格を最も受け継いでいます。



そんな涼ですが、父親が亡くなっても涙が出なかったと、刑事に告げる。

心の奥底では、やはり父親を恨んでいたんだと言う事が、ハッキリする場面です。



涼が慕っているのが、大学医学部教授園田志朗(小野寺昭)。

父文蔵(吉田鋼太郎)が持っていない優しさや他人を思いやる気持ちに感動し支持する。

そんな園田教授の死に直面すると、ボロボロと涙を流す涼!

本来の優しい涼の心がそうさせたと思える場面です。



対して父文蔵には、回顧録の中で、怒りを覚える場面は、

はじめての怒りの感情表現になっています。

涼の奥底に溜まった感情と言う、なにやら恐ろしいものを感じさせた一瞬ですね!



今回の4話は、ほぼ涼の事ばかりでありましたが、

冒頭の場面で、長男満(斎藤工)が騙されている事を知っていて教えてくれなかった、

次男勲(市原隼人)への憎悪の場面が、ちょっと印象的でした。

第1~3話まで一貫して、弟2人に対しては守ってあげたい、守ってあげられない自分を責めていた。

この感情が、180度回転して憎悪へのベクトルに変わったのが、1つの掴みになっています。



今回で3兄弟に対する取り調べは、それぞれ行われました。

そして、誰もがアリバイを話していない。

さてさて、次回は、どのような展開が待っているんでしょうね^^


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

カラマーゾフの兄弟 第3話 [カラマーゾフの兄弟]

【カラマーゾフの兄弟】



今回は、長男の黒澤満(斎藤工)の取り調べから満の回想録がメインに進められていますね。

それにしても警察の取調室、黒澤家の夜の場面が多かったりして、

イメージとして冷戦時代のロシアにピッリって感じで物語が続きます。



警察の取り調べって、こんな感じなんですかね?

取り調べ役の刑事に滝藤賢一の厭味ったらしく、追い込んで行く展開って、

こんな事を四六時中、そして数日間続くと楽になりたいと、気持ちが萎えるでしょうね。



いい加減で、女ったらし役の満ですが、

弱い部分や優しい部分が見え隠れしています。

幼少期に弟2人に俺が守ってやる、外の世界に連れ出してやるって約束した事を

大人になっていても忘れず、自分がとっとと家を出て言った事を申し訳なく思うなんて、

いい加減な兄貴にも関わらずピュアな心がある設定です。



でも、詐欺に会うってこういうやり口で落とされるんだろうな?

っていう典型で騙されてしまう流れは、想像がつく展開ですね。

信じさせて ⇒ 相手の欲求を刺激して ⇒ 融資話を持って行く

リアルな世界でも気を付けなきゃいけませんね。



今回も暗い闇の中を回想しているてんかいなので、

次は、三男涼(林遣都)の取り調べになっていくのかなぁとの気がします。



気になるのは、次男勲(市原隼人)が、事あるごとに方を擦っている姿です。

何か嫌な思い出で方を負傷した経験があるのか?

なんて事を想像してしまいます。



次回も楽しみにしたいですね^^


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

カラマーゾフの兄弟 第2話 [カラマーゾフの兄弟]

【カラマーゾフの兄弟】



主人公の次男黒澤勲(市原隼人)は、ホント賢い役柄なんですね。

自分は、家から出て行くために父親文蔵(吉田鋼太郎)と交渉する。

東京の大学に行って弁護士を目指し、将来父親の役に立つ弁護士になる

そして、お金を父親から借りる。



そんな設定でドラマは、進んで行きますが金銭貸借契約書なんかえを親子で結ぶ、

そんな設定の親子がいる事が、理解は出来ないですね。

でも、ロシアでは、あったんでしょうね。



父親文蔵(吉田鋼太郎)との回顧録で展開される第3話でありますが、

もしかした、日本の成金層では、こんな父親も昔はいたんですかね?

男社会の典型のシーンを見せつけていますね。



子供の時の長男って、弟達にとっては、なんとも力強い存在ですね。

長男満(斎藤工)は、お兄ちゃんって感じでカッコいい子供時代でしたね。

大人になると、その反動は物凄いなって感じで、もっとの父親に似ているタイプになってます。



癒しの三男涼(林遣都)は兄思いなんですが、何やら内に秘めたものがある。

それがどんなものかは、表現されていないので分かりませんが、

次の展開が楽しみでもあります!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

カラマーゾフの兄弟 第1話 [カラマーゾフの兄弟]

【カラマーゾフの兄弟】



原作は、ドストエフスキーの作品なんですね。

プロモーション動画で、黒澤3兄弟が警察の取り調べ室で食事を摂っているシーンを観ていたので、

なんとも、暗い陰湿な感じのするドラマなんだろうなと思いながら第1話を観てみました。



次男、黒澤勲(市原隼人)が、主人公で弁護士役。

長男、黒澤満(斎藤工)は、遊び人で女をたぶらすプータロー役。

三男、黒澤涼(林遣都)は、医大生で精神科医を目指す役。

父親、黒澤 文蔵(吉田鋼太郎)は、こんな父親がいるのかと言った傲慢な親役。



原作本を読んでませんが、ドストエフスキーの作品というだけで、

難しいドラマって感じがしちゃいますね。



プロモーション動画の場面は、父、文蔵(吉田鋼太郎)が何者かに殺され、

3人の息子が怪しいと睨んでいる刑事が取り調べしている場面でした。



人間関係が複雑で、文蔵(吉田鋼太郎)を憎んでいるのは、

3人の息子だけではないんだろうなと、ふんだんに匂わせてはいますが、

3人の息子の憎しみは、半端なものではないといったシチュエーションになってますね。



バラバラな兄弟の中で三男涼(林遣都)の優しさがひときは目立っていますね。

どんな展開になるのか楽しみですが、なんかドロドロとしています。

カラスの鳴き声が似合うドラマですね(^_^;)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
カラマーゾフの兄弟 ブログトップ
広告スペース
Copyright © テレビ 最新ドラマはおもしろい番組がイッパイ! All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます